肩関節機能障害(後遺障害等級12級6号)で賠償額が500万円以上増額した事例

【ご依頼内容】後遺障害申請、加害者側保険会社との示談交渉
【ご依頼者様の年代・性別・職業】50代/男性/サラリーマン
【交通事故の状況】バイクを運転中、交差点内で自動車に衝突された
【自覚症状】左肩の痛み、痺れ、左腕が上がらない
【傷病名】左肩腱板断裂等
【後遺障害等級】12級6号
【主な争点】示談金の金額(主に後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益の金額)

ご依頼前の状況

交通事故の直後から1年2ヶ月程度の治療を行った段階でご相談にいらっしゃいました。
今後の治療方針や後遺障害認定を獲得するためのサポートを受けようと思い、弁護士を探していたとのことでした。
ご相談にいらっしゃったときは、左肩腱板(左肩の筋)の損傷が原因で左肩の可動域に制限が生じており、左肩が上がらずお仕事に支障が出ていることや、就寝の際に左肩を下にすることができないことを非常にお悩みされていました。

ご依頼の結果

既払治療費を除く示談金

保険会社提示額 520万円 
 ↓
弁護士交渉後 1044万円

 
ご相談にお越しいただいたときには治療はほぼ終了している状況でしたが、左腕をあまり上げることができないようで、MRI画像を確認したところ、左肩腱板断裂の所見がありましたので、主治医に後遺障害診断書を記載してもらい、後遺障害申請を行いました。
後遺障害認定の際には後遺障害診断書の記載内容が非常に重要になりますので、弁護士が主治医と面談をしたうえ、可動域測定の結果や可動域制限が改善する可能性が非常に低いことなど、後遺障害認定のポイントとなる点を詳しく記載してもらいました。
その結果、無事、後遺障害等級12級6号の認定を受けることができました。
その後、加害者側保険会社より示談金の提示がありましたが、520万円という納得することは難しい金額でした。
そこで、弁護士が裁判所基準(保険会社が利用している示談金の計算基準とは異なる裁判所が利用している示談金の計算基準)に沿った金額で示談交渉を進め、最終的に既払治療費を除いて1000万円を超える金額で示談をすることができました。

解決のポイント

交通事故においては、後遺障害認定を受けることができるかによって獲得できる賠償額は大きく異なります。
そして、適正な後遺障害認定を受けるためには、治療方法と後遺障害診断書の記載内容が非常に重要です。
今回のケースでは、主治医の先生が非常に協力的な方でしたので、弁護士が面談をした後、後遺障害認定を受けるうえでポイントとなる点を漏れなく後遺障害診断書に記載してもらうことができました。
このようにして、適切な後遺障害診断書を作成できたことが大幅な賠償金の増額に繋がったと思います。

解決事例の最新記事

交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0120-000-797 平日9:00~21:00 土日祝日も休まず受付中! 立川法律事務所 立川駅北口より徒歩3分 立川市曙町二丁目9番1号菊屋ビルディング6階
  • メール受付
  • ご相談の流れはこちら

弁護士費用特約について

ご加入の保険に弁護士費用特約は付いてませんか?

CHECK!! いますぐ確認しましょう!ご加入の保険に弁護士費用特約が付いていれば、300万円まで保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ご存知ない方も多いですが、自動車保険に加入されている方の半数以上は弁護士費用特約を付けていると言われています。

弁護士費用特約というのは、自動車保険における特約の一つです。

相手方との交渉や裁判などにかかる弁護士費用を300万円まで保険で支払ってもらえるサービスです。
弁護士費用特約を利用しても保険料は増額しませんので、
利用することのデメリットは基本的にありません。
弁護士費用特約を利用して依頼する弁護士はご自身で選ぶことができます。
あなたに責任がない事故はもちろん、あなたに責任がある事故でも利用できます

    • 弁護士費用特約が付いている方
    • 弁護士費用の負担なく弁護士に依頼できます。
    • 弁護士費用特約が付いていない方
    • 当事務所の安心の料金体系をご覧ください。 詳しくはこちら
PAGE TOP