賠償金計算基準の真実

ご存知でない方も多いとは思いますが、交通事故の賠償金の計算においては3つの基準が存在します。

①自賠責基準、②任意保険基準、③裁判所基準の3つです。

%e3%80%90%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%80%91%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e6%90%8d%e5%ae%b3%e8%b3%a0%e5%84%9f%e9%87%91%e7%ae%97%e5%87%ba%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%ba%96

①自賠責基準とは、法律により加入が義務付けられている自賠責保険を利用して賠償金が支払われる際に用いられる計算基準です。
自賠責保険は最低限度の損害填補制度ですので、通常、自賠責基準で計算された賠償金額は最も低額なものになります。

②任意保険基準とは、任意で加入した自動車保険を利用して賠償金が支払われる際に用いられる計算基準です。
各自動車保険会社で独自に作成した計算基準となります。
任意保険は自賠責保険でカバーできない損害を補填するものですので、通常、任意保険基準で計算された賠償金額は自賠責基準で計算された金額より高額になります。

③裁判所基準とは、裁判で賠償金額を計算する際に裁判所が用いている計算基準です。
通常、裁判所基準で計算された賠償金額は任意保険基準で計算された金額より高額(最も高額)になります。

≪3つの計算基準の比較≫

①自賠責基準<②任意保険基準<③裁判所基準

このように、交通事故の賠償金を計算する際、どの計算基準を用いるかで賠償金の金額が大きく変わってくるのです。

加害者側保険会社は、被害者の方と示談交渉をする際、賠償金の提示を行いますが、保険会社独自の計算基準である②任意保険基準を用いて賠償金額を計算し提示します。

しかし、任意保険基準によって賠償金を計算した場合、裁判所で認められている適正な計算基準である③裁判所基準で計算した賠償金額の5~7割程度であることがよくあります。

それにもかかわらず、保険会社の用いている計算基準が正しいものであると信じて保険会社の提示を鵜呑みにしてしまっているケースが多々あります。

この点、弁護士が示談交渉を行うことになれば、②任意保険基準は各保険会社が独自に作成した基準にすぎませんので、裁判所で認められている適正な計算基準である③裁判所基準をもとに交渉を進めていくことになります。

そのため、弁護士が示談交渉を行えば、得られる賠償額は、結果的に③裁判所基準に近い金額となり、②任意保険基準で計算した金額より高額な金額になるわけです。

当事務所では、交通事故の被害に遭われた方の苦痛を少しでもやわらげるため、適正な賠償金を獲得できるよう努めさせていただきます。


交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0120-000-797 平日9:00~21:00 土日祝日も休まず受付中! 立川法律事務所 立川駅北口より徒歩3分 立川市曙町二丁目9番1号菊屋ビルディング6階
  • メール受付
  • ご相談の流れはこちら

弁護士費用特約について

ご加入の保険に弁護士費用特約は付いてませんか?

CHECK!! いますぐ確認しましょう!ご加入の保険に弁護士費用特約が付いていれば、300万円まで保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ご存知ない方も多いですが、自動車保険に加入されている方の半数以上は弁護士費用特約を付けていると言われています。

弁護士費用特約というのは、自動車保険における特約の一つです。

相手方との交渉や裁判などにかかる弁護士費用を300万円まで保険で支払ってもらえるサービスです。
弁護士費用特約を利用しても保険料は増額しませんので、
利用することのデメリットは基本的にありません。
弁護士費用特約を利用して依頼する弁護士はご自身で選ぶことができます。
あなたに責任がない事故はもちろん、あなたに責任がある事故でも利用できます

    • 弁護士費用特約が付いている方
    • 弁護士費用の負担なく弁護士に依頼できます。
    • 弁護士費用特約が付いていない方
    • 当事務所の安心の料金体系をご覧ください。 詳しくはこちら
PAGE TOP