弁護士費用

%e7%ab%8b%e5%b7%9d%e6%b3%95%e5%be%8b%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80_%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc

当事務所の料金体系の方針

一般的な感覚からすると、弁護士費用はまだまだ不透明な部分が多いと思います。

例えば、皆さんがレストランで食事をする場合、帰り際の会計がどの程度の金額になるか、会計をするまで全く分からないということはないと思います。
それはメニューに料理ごとの金額が明確に載っているからです。

もちろん弁護士が行うサービスの場合、同じ種類の事件でも内容は様々ですので、レストランのメニューほど明確な料金表を作ることは難しいという事情はあります。

しかし、当事務所では、できる限りレストランのメニューのように種類が多く、分かりやすく、そして明確な料金体系をつくることを心がけており、どの法律事務所にも負けないほどの詳細な料金体系を用意しております(他の法律事務所様の料金体系と見比べていただけば、その違いは一目瞭然かと思います)。

 

当事務所の交通事故分野の料金体系の特徴

当事務所では、交通事故の被害者の方ができる限りご自身の財布から弁護士費用を負担する必要がないよう料金体系を設定させていただいております。

具体的には、まず、皆様に気軽にご相談にお越しいただけるよう初回相談無料とさせていただいております。

また、当事務所では、着手金原則として無料とさせていただいておりますので、費用の負担なくサポートを開始させていただきます。

加えて、報酬金(事件終了時にお支払いいただく費用)も獲得した賠償金や増額した賠償金の〇%という形でお支払いいただくシステム(完全成功報酬制)になっておりますので、ご依頼者様がご自身の財布から報酬金を負担する必要はありません。

 

各料金プラン

 

弁護士費用特約が付いていない場合

 

法律相談

【初回相談】 無料
【継続相談】 5,000円/30分(税込)
 

※法律相談を無料とさせていただいている関係から、ご相談内容によっては法律相談をお受けできない場合もあります。
※責任をもって時間をかけて行うべき業務であるため、初回無料相談の場で契約書のチェックや契約書作成を行うことや、各書類の作成方法や手続の進め方などに関する詳細なアドバイスを行うことなどはできかねますので、あらかじめご了承ください。
※ご依頼いただいた場合は、ご依頼の料金とは別に相談料が発生することは基本的にありません。

 

保険会社より賠償金を提示される前にご依頼いただく場合

【着手金】 無料
報酬金】 20万円(税別)+獲得した賠償金の10%(税別)

※報酬金の合計額が獲得した賠償金額を上回る場合には、報酬金を賠償金額の限度とし、ご依頼者様がご自身の財布から弁護士費用を負担する必要がないようにさせていただきます。
※弁護士費用特約が付いていない場合の物損事故や特に軽微な事故、自損事故、相手方が任意保険に加入していない事故、加害者の方からのご相談、特に複雑かつ困難な事件などについては、ご相談させていただいたうえ、着手金をいただくケースもあります(場合によっては、ご依頼をお受けできない場合もあります)。
※交通事故紛争処理センターを利用する場合には、別途、報酬金に10万円(税別)が加算されます。
※訴訟を提起する場合には、別途、報酬金に20万円(税別)が加算されます。
※控訴・上告をする場合には、別途、それぞれ報酬金に20万円(税別)が加算されます。
※「獲得した賠償金」には、ご依頼いただく前から加害者側保険会社に前払いしてもらえることが決まっていた治療費(交渉開始時における既払治療費)は含まれません。
※人身傷害補償保険金請求をする場合には、獲得金額の5%を報酬金とさせていただきます。
※事件処理の実費(裁判所に支払う手数料や資料の取り寄せに要する費用など)については別途ご負担いただくことがあります。
※「着手金」、「報酬金」の意味については、最下部の補足説明をご覧ください。
※重大事故に遭われた方については、弁護士費用をさらに減額させていただくプランを用意しております(詳しくは、ページ下部をご覧ください)。

 

保険会社より賠償金を提示された後にご依頼いただく場合

【着手金】 無料
報酬金】 20万円(税別)+保険会社提示額より増加した額の20%(税別)

※報酬金の合計額が保険会社提示額より増加した額を上回る場合には、報酬金を増加額の限度とし、ご依頼者様がご自身の財布から弁護士費用を負担する必要がないようにさせていただきます。
※弁護士費用特約が付いていない場合の物損事故や特に軽微な事故、自損事故、相手方が任意保険に加入していない事故、加害者の方からのご相談、特に複雑かつ困難な事件などについては、ご相談させていただいたうえ、着手金をいただくケースもあります(場合によっては、ご依頼をお受けできない場合もあります)。
※交通事故紛争処理センターを利用する場合には、別途、報酬金に10万円(税別)が加算されます。
※訴訟を提起する場合には、別途、報酬金に20万円(税別)が加算されます。
※控訴・上告をする場合には、別途、それぞれ報酬金に20万円(税別)が加算されます。
※人身傷害補償保険金請求をする場合には、獲得金額の5%を報酬金とさせていただきます。
※事件処理の実費(裁判所に支払う手数料や資料の取り寄せに要する費用など)についてはご負担いただくことがあります。
※「着手金」、「報酬金」の意味については、最下部の補足説明をご覧ください。
※重大事故に遭われた方については、弁護士費用をさらに減額させていただくプランを用意しております(詳しくは、すぐ下をご覧ください)。

 

重大事故に遭われた方のための・・・

弁護士費用減額制度

当事務所では、交通事故のなかでも特に重症事案について力を入れて取り組んでおり、また、後遺障害認定の獲得などにおいて多数の実績も有していることから、重大事故に遭われた方の経済的負担を少しでも軽減すべく、弁護士費用をさらに減額させていただいております。弁護士費用減額制度は、以下の場合に対象となります。

死亡事故、遷延性意識障害、脊髄損傷、脳挫傷、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、び漫性軸索損傷、高次脳機能障害(5級以上)、手足切断、失明、不全損傷の被害に遭われた方、既に後遺障害等級1級~10級に認定された被害者の方

【法律相談】 何度でも無料
着手金】 無料
報酬金】
保険会社に賠償金を提示される前にご依頼いただく場合 獲得した賠償金の8%(税別)
保険会社に賠償金を提示された後にご依頼いただく場合 保険会社提示額より増加した額の18%(税別)

※交通事故紛争処理センターを利用する場合や訴訟を提起する場合、控訴・上告をする場合でも、着手金をお支払いいただくことや報酬金を増額することはありません。
※事件処理の実費(裁判所に支払う手数料や資料の取り寄せに要する費用など)についてはご負担いただくことがあります。

 

弁護士費用特約が付いている場合

 

【法律相談】   無料
【ご依頼の費用】 無料

※ご加入の自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼をすることで300万円まで保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。通常の交通事故において弁護士費用が300万円を超えることはほとんどありませんので、基本的に費用負担なしで弁護士に依頼をすることが可能です。人身事故だけでなく物損事故でも利用でき、また、被害者の方だけでなく加害者の方も利用できることも多いです。弁護士費用特約について詳しく知りたい方は、「弁護士費用特約について」というページをご覧ください。

 

補足説明
  • 「着手金」とは、ご依頼時にお支払い頂き、事件の結果(成功・不成功)にかかわらずご返金することができない弁護士報酬です。
  • 「報酬金」とは、交渉・調停・訴訟が終了した時点でお支払いを頂き、事件の結果(成功・不成功)によって金額が変動する弁護士報酬です。
  • 交渉や裁判などによりドアtoドアで往復1時間半を超える移動を行う場合には、本来の弁護士費用のほか、ドアtoドアの往復移動時間をもとに下記の表のとおり出張日当をお支払いいただき、その他、出張に要する交通費・宿泊費などの実費をいただきます。
    ただし、特に遠方の地域に出張する場合には、ご依頼者様との協議により日当・実費の金額を決定させていただきます。

    往復4時間~ 1回5万円(税別)
    往復2時間~4時間 1回3万円(税別)
    往復1時間半~2時間半 1回1万円(税別)
交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 0120-000-797 平日9:00~21:00 土日祝日も休まず受付中! 立川法律事務所 立川駅北口より徒歩3分 立川市曙町二丁目9番1号菊屋ビルディング6階
  • メール受付
  • ご相談の流れはこちら

弁護士費用特約について

ご加入の保険に弁護士費用特約は付いてませんか?

CHECK!! いますぐ確認しましょう!ご加入の保険に弁護士費用特約が付いていれば、300万円まで保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ご存知ない方も多いですが、自動車保険に加入されている方の半数以上は弁護士費用特約を付けていると言われています。

弁護士費用特約というのは、自動車保険における特約の一つです。

相手方との交渉や裁判などにかかる弁護士費用を300万円まで保険で支払ってもらえるサービスです。
弁護士費用特約を利用しても保険料は増額しませんので、
利用することのデメリットは基本的にありません。
弁護士費用特約を利用して依頼する弁護士はご自身で選ぶことができます。
あなたに責任がない事故はもちろん、あなたに責任がある事故でも利用できます

    • 弁護士費用特約が付いている方
    • 弁護士費用の負担なく弁護士に依頼できます。
    • 弁護士費用特約が付いていない方
    • 当事務所の安心の料金体系をご覧ください。 詳しくはこちら
PAGE TOP